事業・調査紹介

CDM・バイオマス関連事業

1999/05/15

【産業植林CO2固定化評価等に関する調査研究】
平成11年度調査研究報告書(1999年度)

目次
  1. 調査事業の目的
  2. 調査研究の内容
  3. 委員会の構成と開催
    1. 産業植林CO2固定化評価等に関する調査研究委員会
    2. ケナフ等非木材繊維の最適パルプ化法調査研究分科会
    3. 委員会の開催
  4. 調査結果
    1. パプアニューギニア
    2. チリ
    3. インド
    4. 前年度調査追加報告
  5. 産業植林の二酸化炭素固定化量評価
  6. 我が国の企業の海外産業植林地による黒液による代替エネルギーの供給可能量
  7. 調査結果
    1. 目的と意義
    2. 海外におけるケナフ等非木材繊維パルプ製造の現状
    3. ケナフパルプ製造法式と問題点
    4. ケナフパルプ製造のための最適プラントの考え方
    5. 海外調査結果
    6. 今後の課題
  8. 参考資料
    1. 調査地林相写真
    2. ケナフ収穫量データ
    3. 森林の伐採と木材製品に関する炭素の計算
    4. バイオマス・純生産データ
報告書の入手方法
ダウンロードできない報告書の入手をご希望の場合は、ご連絡ください。残部がある報告書の場合、基本的に送料のみをご負担頂いています。残部がない場合は、コピーをお送りすることが可能ですが、送料の他、実費をご負担頂いています。当センターの会員の皆様には、毎年各報告書をお送りしております。追加でご希望の場合はご連絡下さい(無料)。
お問い合わせ

ページトップ