事業・調査紹介

CDM・バイオマス関連事業

2004/09/11

【JI・CDM植林クレジット技術指針調査】
JI・CDM植林クレジット技術指針調査平成15年度事業報告書(2003年度)

データ
目次

はじめに

  1. 調査の概要
    1. 調査の目的
    2. 調査の内容
    3. 検討委員会
    4. 現地調査
  2. 森林吸収源に関する国際合意の内容
    1. 京都議定書締結(批准)までの経緯
    2. マラケシュ合意までの国際合意の概要
    3. COP9の結果
  3. 日本企業による海外植林の適格性
    1. 制度上からみた可能性
    2. COP9から見た適格性
    3. 排出源プロジェクトの方法論からみた適格性
  4. ベトナム調査
    1. 調査の目的
    2. 調査員
    3. 日程
    4. 関係者との面談内容
  5. PDD(Project Design Document)事例研究
    1. PDDに記載すべき事項
    2. PDD事例研究(ベトナム産業植林地を想定して)
    3. PDD作成上の問題点、疑問点
参考資料
    参考1
    Modalities and procedures for afforestation and reforestation project activities under the clean Development machanism in the commitment period of the Kyooto Protocol
    同 仮訳(根本 昌彦)
    参考2
    CDM理事会が承認した排出削除プロジェクトの方法論
ベトナム現地報告書
  1. 調査の概要
  2. 関係者との面談内容
  3. ベトナムの森林と植林政策
  4. QPFL社の植林事業
  5. PDD事例研究での検討
報告書の入手方法
ダウンロードできない報告書の入手をご希望の場合は、ご連絡ください。残部がある報告書の場合、基本的に送料のみをご負担頂いています。残部がない場合は、コピーをお送りすることが可能ですが、送料の他、実費をご負担頂いています。当センターの会員の皆様には、毎年各報告書をお送りしております。追加でご希望の場合はご連絡下さい(無料)。
お問い合わせ

ページトップ