事業・調査紹介

CDM・バイオマス関連事業

2005/10/29

【CDM植林技術指針調査研究】
CDM植林技術指針調査事業平成17年度事業報告書(2005年度)

データ
目次
  1. 調査事業の目的と内容
  2. 通常規模用PDD及び方法論作成ガイドラインと承認された方法論の分析
    1. 一般的な情報とA/R用語集
    2. 方法論(CDM-AR NM)作成ガイドラインと承認された方法論の分析
    3. プロジェクト設計書(CDM-AR-PDD)作成ガイドライン
  3. 小規模用簡素化PDD及び方法論の作成ガイドライン
    1. 小規模A/R CDMプロジェクト形成の手引き
    2. 簡素化方法論と手続き
    3. 簡素化PDDのガイドライン(用語解説含む)
    4. 簡素化ベースライン及びモニタリング方法論
  4. CDM理事会及びA/Rワーキンググループ関連情報
    1. CDM理事会とA/Rワーキンググループにおける審議状況
    2. CDM理事会での決定事項
    3. 提出された方法論概要
    4. 新方法論(べーリーズ案件)の審査内容及び経過の分析
    5. 承認された方法論の解説−ARAM0001:荒廃地の再植林−
  5. 現地調査報告
    1. パナマの小規模A/R CDMプロジェクトの可能性調査結果
    2. ウルグアイにおけるA/R CDMプロジェクトの可能性調査結果
報告書の入手方法
ダウンロードできない報告書の入手をご希望の場合は、ご連絡ください。残部がある報告書の場合、基本的に送料のみをご負担頂いています。残部がない場合は、コピーをお送りすることが可能ですが、送料の他、実費をご負担頂いています。当センターの会員の皆様には、毎年各報告書をお送りしております。追加でご希望の場合はご連絡下さい(無料)。
お問い合わせ

ページトップ